軽い気持ちで合コンに参加したら・・・

そろそろ結婚適齢期を超える年齢になってきて焦っていたのですが、毎日、会社と家の往復で出会いも当然なく、周りの友達は次々と結婚していくのに自分だけが取り残された気になってしまっていました。いつか誰かと出会って恋をしてなんてのほほんと思っていたのですが、自分から動くこともせず出会いを待っていても何も始まらないし、出会いを探す事にしました。

会社で仲良くしている独身の子に合コンの人数合わせに来てほしいと誘われて、行ってみる事にしました。新しい友達を作りに行くような軽い気持ちでいたのですが、しばらく出歩いていなかった私は開始時間ギリギリで緊張してしまい、うまく話せずでお開きになってしまいました。

しばらく会社の人としか話していなかった事に気が付いてもっと出歩かないとダメだなーなんて思っていたら、合コンに来ていた男性のうちの一人がもう少しお話しできませんか?って声をかけてくれて、またまた軽い気持ちで行ってみることにしました。しばらく男性と二人っきりになることがなかったのでめちゃくちゃ緊張してしまったけど、ここで話さなかったらいつまでも出会いあっても自分でチャンスを逃してしまう事に気付き、お酒の力を少し借りて色んな事を話してみたら意気投合して、また今度会わない?とお誘いしてもらえました。

その彼は今、私の旦那さんです。結婚したい、恋愛がしたいと思っているだけで何も行動に移さないのはもったいない時間でした。人生一度きりなんで、色んな人と出会って、色んなことを経験しないと損だなと思います。

え~!合コンなんて!って最初は思ったけど、あの時誘われていなかったらずっと会社と家の往復で結婚願望だけが大きくなっていってただろうなと思います。合コン、街コン、お見合い、友達の紹介、お話が出たら一回は参加してみてもいいんじゃないかなと思います。待っているだけでは何も始まらないので。

婚活するなら本気の覚悟で!

私が婚活パーティーに参加したのは2回です。一つは、お店が企画しそれに応募した男女5~10名ずつくらいが自由に参加するもの。男女の人数比もバラバラでしたが、婚活パーティーとはどんなものかという興味本位で友達3人と参加したものだったので、合コンの延長みたいな感じでした。

女性が、友達と参加しているのに対し、男性は個人個人で応募しているのが特徴でした。そして、意外にも女性が結婚をあせる年齢の方が多いのに対し、男性は20代前半の若い方が多かったです。お店の設定金額にもよるのかもしれませんが。

そこでは、席の移動の合図はお店側がしてましたが、連絡先交換などあとは基本的に自由な感じでした。初めての婚活パーティーの印象としては、合コンの方が気軽に話せるし人間性もわかりやすい、もう来なくてもいいかな、という感じでした。

2回目の婚活パーティーに参加したのは、何がきっかけだったか覚えてないくらいのものでした。しかし、ブライダル会社が企画していたので、1回目のものよりは本格的だと確信し参加しました。会場に行くと、一席ずつ仕切りがしており、情報カードのようなものを渡され本当に本格的で雰囲気に圧倒されました。そこには、本気で婚活している人たちのオーラがたちこめていて、場違いな気がしてならなかったです。情報カードの内容は、女性が趣味などに対し、男性は年収などが書かれており、それもまた本格的で恐縮しました。

司会の方がいて、席替えも1分ごとであまりにもみなさんの熱がすごすぎて、最後のマッチングのときは、自分が適当な気持ちで参加したのが申し訳なさすぎてどなたの番号も書かずに終わりました。やはり、婚活は中途半端な気持ちでしてはいけないなぁと改めて思いました。

婚活パーティーで成功するコツ

友人Aが婚活パーティーで彼を見つけ、つい先日ゴールインしました。私の身の回りで婚活パーティーに行って上手くいった人は初めてだったのでとても驚きました。Aのお祝いのために友人数人で集まった時に聞いたAなりの婚活のコツというものを書いて行きたいと思います。

婚活パーティーでは緊張します。その緊張と、初対面の人と会うということからどうしても自分を取り繕ってしまいがちです。彼女も初めはおしとやかにして可憐なファッションに身を包んでいたらしいのですが、しその状態だとどうしても気に入られにくいし、たとえその場で連絡先を交換しても長続きしなかったそうです。

その為、彼女はできる限り素の状態を出すようにしたそうです。喋り方や食事の食べ方の他、服装も指定がない限りは、「モテファッション」とかそういうのは着ずに自分が好きなギャルファッションで臨んだとの事でした。すると、男性に気に入られる確率が増え、連絡先を交換する機会も増えたそうです。ちょっとガサツな子ですが、男性は裏表が無さそうで良いという評価をしてくれたとの事でした。

そのお陰か、彼女は素敵な彼をゲットし、2年間付き合った後にしっかり結婚。やはりありのままの姿を受け入れてくれる男性が一番疲れなくて良い、と言っていました。

素敵な人に出会うには

出会いというのはありそうでなかなかないものです。以前、結婚をしたいと思って婚活をしたことがありました。

その時に利用したのは婚活パーティーや街コン、そして相談所でした。まずは友達に声をかけておき、そのつながりで合コンなどを企画してもらい、友達の会社関係などをあたりました。そこで出会った人もいたのですが、先に結び付くことはありませんでした。

次にお金をあまりかけずに参加することができる婚活パーティーに行ってみることにしました。一人で参加するよりも友達もいたほうが気が楽だったので、フリーペーパーに載っていた地元で開催される条件のよい男性の参加するパーティーに行ってみました。

年収なども自分よりも優れたパーティーにしたので、参加費も少し高めでした。それでも自分の理想にあった人がなかなか見つからずに街コンに参加することも考えました。これは友達も参加してことがあるということもあって、気楽にいくことができました。地元のおしゃれなカフェなどでいろいろな人に会うことができました。

友達としてつながりを持つことができる人が見つかっても付き合う相手としては見つかりませんでした。そして最後に結婚相談所に相談をしてみても費用がかなりかかることがわかり、厳しいと思ったので、入会はしませんでした。

結婚をしたいと思ったら

結婚というのはタイミングだと思います。なかなか自分の理想にあった人に出会うというのは難しいものです。ですが、少しでもいいと思う相手がいたら、お近づきになって相手のことを知るというのが大切だと思います。大人になってからの1年1年というのはとても早く、あっという間に婚期を逃してしまいます。

私は結婚をして安定した家庭生活を送ることができていますが、姉は独身です。親戚からお見合い話があったりしてもなかなかうまくいかずに結局良い出会いがないままに独り身で実家で生活をしています。姉も強がってはいるのですが、やはり将来に不安があるようです。

結婚をしたいと思うのなら、まわりに「良い人がいたら紹介をしてほしい。」と伝えておくと、意外に話がくるものです。姉はそういった気持ちが若い時にはなかったのです。今の時代、それでも30代前半くらいまでには相手を探すのがいいとは思うので、なかなか素敵な相手に出会うことができない場合には結婚相談所を利用してみるというのもいいと思います。

姉が結婚をしないので、実家の母がよく早い段階で相談所に登録して相手を見つけてあげればよかったということを言います。相談所では相手の条件もよく分かった上でお会いすることになるので、安心して会うことができます。

会費の高い婚活パーティーに行ってみる!!

私は、前の彼氏と別れて早5年。。。それから何となく気が向いたときにだけ、ちょこちょこと婚活をしてみるも、なかなか身を結ばず、、、1年前、ついに、結婚したいなという男性とめぐり合い今に至ります。そこで思ったのが、この5年の中で、婚活できる場所や方法もとても増えたと感じています。

私が今の彼と出会ったのは、とある会費制のパーティーで、ステイタス重視のパーティーでした。会費は男性の方が少しお高めですが、そんなに男女間で差はない。私が支払ったのは5千円でした。

場所は銀座。会場はとてもおしゃれ。当日は男性も女性もドレスコードがあり、男性はスーツ、もしくはジャケット着用、女性はドレスワンピ(カジュアルはNG)。また、ステイタス重視のため、男性は入場する際、社員証、もしくは自分の会社が証明できる物を提示しなければならないという徹底ぶりでした。

夜景のきれいな薄暗~い雰囲気の良い会場で、初めて会う者同士恥ずかしい思いより、やっぱりいい人とめぐり合いたいという思いの方が勝ります。男性の方が積極的に声をかけてくれました。やっぱり、ステイタスのある男性はご自分に自信を持っているのか、とてもスマートに声をかけてくれたり、ドリンクをとってきてくれたりと、とても気持ち良く過ごす事が出来ました

連絡先の交換は、司会の方が時間を取ってくれるため、否応無しにできます。今まで婚活アプリや、女性は無料のお見合いパーティーなど色々と試しましたが、このパーティーは、会費が高い分、雰囲気の良い場所で、ステイタスの高い男性と巡り会えますし、一番良い方法だと思いました。

婚活を始める前に、大切なこと

これから婚活を始めようと思っている方は、「どんな婚活サービスを使おう?」「婚活パーティーでアピールするにはどうしたらいい?」などなど、いろいろ考えを巡らせているかもしれませんね。でも、婚活のハウツーだけ学んで相手を見つけても、その人と本当に幸せな結婚生活を続けていけなければ意味がありません。

やっぱり、「この人と結婚してよかった!」「この人となら一緒にいろんなことを乗り越えていける」、そんなふうに思える相手と出会い、結婚したいですよね。そんな相手と出会うためにも、婚活前に意識しておく大切なポイントがあります。

それは、「あるがままの自分」を好きになること。誰もが自分の好きなところ、嫌いなところがありますよね。できれば悪いところは隠して、良いところだけ見せたい!と思うのが、自然な心理だと思います。でも、「良く見せよう!」と理想の自分を演じて婚活に臨んでいると、相手の男性に偽りのあなたを見せることになってしまいます

結婚生活は日常を共にするので、お互いのいろいろな面を見せ合います。そこで自分を良く見せようと頑張っていると、いずれは疲れてしまいますし、お互い「こんなはずじゃなかった!」なんてことになりかねません。最初から「あるがままの自分」を見せていれば、きっとそのあなたを好きになってくれる相手が現れます。そして、良いところも悪いところも含めて「自分を大好き!」と思える女性は、自然と魅力が溢れてくるのです。

まずはリラックスして、あるがままの自分を受け入れ、大切にすることから。素敵なパートナーと出会う第一歩として、意識してみてはいかがでしょうか。

地元での婚活はオススメ

今は地元の活性化のために、市町村の自治体主催の婚活パーティも多く開催されています。地元を離れたくない方、また戻って来たい方には喜ばしいことです。

本気で結婚を考える方限定、初婚の方限定、女性は〇才まで、男性は〇才までなど、ルールが明確で安心して参加できます。その婚活パーティで知り合った後に、共通の知人が判明したりして、さらに幸せと祝福の輪が広がるかもしれません。

ただしそういう中でも、気をつけなくてはならないのは、何かを隠して参加している人がいるかもしれないということです。たとえば初婚の方限定とあるのに、離婚経験者、子供がいる人が参加していることがあるようです。

あっ、でも、未婚で子供を産んだ場合、初婚は初婚ですね。ちょっと話がそれちゃいましたが。地元の婚活パーティに限らず、ルールを守らないで、またルールの盲点をついて参加している人がいるようです。優しいお人柄の方ほどお気をつけください。地元であれば、何かのつてで相手の隠し事が判明しやすいですね。結婚以外のことにも、地元にアンテナを張りましょう。

幸せになるためには、失敗や苦い経験が必要で、幸せの安らかさやありがたみがわかるのは、その失敗や苦い経験があってこそなんですよね。幸せをつかむまで前進あるのみです。